田舎のタヌキ 生活部

岐阜の田舎に住んでる僕が、自分が気になった事を記事にしていく雑記ブログです。

ビールの健康効果が素晴らしいと言う事を語らせてくれ!!

 

f:id:kamome1922:20161130101444j:plain

ビールは100%害があるとは限りません。

 皆さんストレスたまった時ってどうやって発散していますか?

 

僕は運動したり、沢山睡眠をとったりなるべく健康的にストレス発散をするように心がけているのですが・・・

 

どうしても我慢が出来ない時は、ビールを飲んで夢の世界へ逃げています(笑)

 

アルコールって不健康なイメージありますよね。

 

でも実は・・・ビールを適量飲むことは決して体に害がある事だけとは限らないんですよ。

 

ビールを適量飲むことによって得られる健康効果も実際に存在しているのです。

 

今日はそんなビールの健康効果についての記事を書かせていただいただきました。

時間がある方は少し覗いて行ってみてください。

 

老化防止

ほろ苦く、喉越しさわやかな美味しいビールの原材料であるポップには、筋肉の委縮を抑制する効果があるんです。

 

筋肉が萎縮しなければ肉体的に常に若々しくいられるので、いつも健康的に過ごせそうですね。

 

その他にもビールには、抗酸化を促す働きがあり老化の元である肉体の酸化をビールを飲むことによって防いでくれるのです。

 

このためビールは筋肉の委縮を防ぎ、体内の酸化を抑制する老化防止の為の健康飲料と言っても言い過ぎでは無いかもしれんね。

 

また、この効果を強く発揮させるには黒ビールなどの色の濃いビールの方が効果的と言われています。

 

心臓病になりにくい

 

とある調査機関によると、ビールを適量口にし楽しく日々を過ごしている人は心臓疾患のリスクが約3%も少なくなるそうです。

 

また心臓発作や血管系での病気においても効果を発揮するようで、飲まない人に比べてそのような病気で死亡する確率はなんと・・・40%も軽減されているそうです。

 

もちろんの事ながら、適量を越してしまうと、太りやすくなったり色々なリスクも出てきてしまうので。


しっかりと自分の飲める範囲を把握し適量のビールを楽しくいただきたいですね。

 

何よりもうまい!!

 

これは僕の個人的な意見ですがやっぱり仕事でイライラした日やたっぷりと遊んだ休日の夜に一気に(グビグビッ)と飲む干す缶ビールなんて格別ですよね。

 

嫌な事や辛かったことをそのさわやかさと苦みですべて押し流してくれる、そのような素晴らしい飲み物だと僕は感じています。

 

飲み過ぎはやはり体に良くありませんが適量のビールを飲むのなら上記に書いた通り健康にも繋がってきますし、下手に我慢をしてストレスを溜めるよりかは美味しく周りに迷惑をかけない範囲で飲む事は大事だとおもうんですよね。

 

最後に

 

健康志向の人にとってアルコールってちょっと悪いイメージがあるかと思います。

でもしっかりと飲む量をわきまえて、口にするとこんなにも沢山の健康効果をもたらしてくれるんですよね。

 

別にお酒なんて飲まなくても上手にストレス解消できるならば、無理に飲む必要はないと思いますが。

健康に悪いからといって無理に我慢するのもストレスが溜まって仕方ないと思うのです。

 

お酒は上手に付き合う事さえできれば健康効果をもたらしてくれる、まさに酒は百役の長なのです。

 

本日はビールが大好きな僕が、いかにビールは体に良いかという記事を書かせていただきました~