田舎のタヌキ 生活部

岐阜の田舎に住んでる僕が、自分が気になった事を記事にしていく雑記ブログです。

スクールオブロックが面白すぎたからその魅力を語らせてくれ!!!!

f:id:kamome1922:20161202095356j:plain

芸術の秋

 先日ちょっと時間ができたんで最後の芸術の秋と言う事で、映画鑑賞をしたんです。

 

その観賞した映画と言うのが、ジャックブラック主演のスクールオブロックだったんですが。

 

この作品が、あまりにも激烈に面白かったので今日は、スクールオブロックについて語らせて頂きたいと思います!

スクールオブロックとわ?

 スクールオブロックとは、アメリカのコメディー大スターのジャックブラックさん主演のロックを題材にした映画になります。

 

 

天使にラブソングをやディズニー映画のような音楽溢れるコメディー映画で。

 

ジャックブラック演じるちょっとダメな大人が、エリート校の教師のふりをしてそこの子供たちにロックを教えていくと言うストーリーになっているんです。

 

話を聞くだけだと、ハチャメチャなストーリのように感じるんですが。

 

実際に映画を見てみると内容はビックリするくらいキレイにまとめられており。

 

音楽にのめり込んでいく楽しさや、自分のやりたいことを素直にやる素晴らしさを上手に表現しているんです。

 

僕も時間があれば、音楽をやってみたいなと思わせるほどに。

子供たちが音楽にのめり込んでいくシーンは本当に楽しそうなんです。

 

でもこの映画の中で誰よりも楽しそうなのが、主演のジャックブラックさんなんですよ。

 ジャックブラックがカッコいい

 

  ジャックブラックさんと言えば本当に色んな映画に出演されているコメディー俳優さんですね。

 

ちょっと前の作品では

 

ガリバー旅行記

 

紀元1年が、こんなんだったら!?や

 

カンフーパンダ/p>

 

なんかに出演されていました。

 

どの映画のジャックブラックさんもめちゃめちゃかっこよくてかなるシビレるんですが。

 

このスクールオブロックのジャックブラックさんは、本気でオープニングからエンディングまでずっとカッコいいです。 

 

何がカッコいいかと言いますと、まず彼の人生を楽しもうとするスタンス!

 

そして、時よりでてくる彼のボイパ!と鼻歌この二つがこんなにカッコよく見せれるのは、ぐっさんとジャックブラックさんの二人くらいしか見たことがありません。

 

「チキチキ」って言葉をあんなにカッコ良く見せれる俳優さんなんて、この世界中探しても彼だけなんじゃないか?と思うくらい素晴らしい口の動かし方なんですよ。

 

またかっこよさだけでは無くこの映画のジャックブラックさんは、本当に楽しそうなんですよね。

 

彼自身も音楽をけっこうやっているらしく、音楽の話をしたり歌を唄っているシーンの彼の演技は、演技ではなく本当に楽しんじゃってる感じがするんです。

 

本当にそんな楽しそうなジャックブラックさんを見れるのは、このスクールオブロックとデネイシャスDくらいなもんですね。

 

ちょっとジャックブラックさんの魅力について熱く語ってしまいましたが、この映画の魅力は楽器を実際に弾く子供たち無しには語れません。

 子供たちの素晴らしい魅力

 

  この映画は学校を主体にした映画なので子供たちもちろん出てきます。

 

主演であるジャックブラックが勉強付けの子供たちに賞金ほしさで音楽を教えるんですが、もう子供たちの魅力が半端じゃないんです。

 

子供たちはそれぞれ個性あふれるキャラクターを出し。

 

れぞれ違った役割を持つようになるんですが、その個性が全員ちゃんと生きて来るんですよね。

 

普通このような音楽を題材にした映画は、歌を歌う人だけにスポットが当たるか良くても、楽器を担当する人達だけにスポットが当たるんですがこの映画はそういったスポットの当て方をいい意味で裏切ってくれるんです。

 

どういうことかと言いますと、この映画はジャックブラックと楽器を担当する子供たちにスポットが当たるのはもちろん。

 

マネージャーや舞台演出、衣装担当のような裏方にまわった子供たちにまでスポットを当てしかも彼らがどのようにして活躍するのかをちゃんとストーリーをとうして表現しているんですよ。

 

そんな素晴らしい子供たちが魅力的なスクールオブロックですが、彼らがおりなす音楽がこれがまた素晴らしい事になるんですよ。

 この映画の魅力はやっぱり音楽だ

 

 この映画はロックと言う音楽を題材にしてできているので、様々なシーンでロックバンドの音楽が流れてきます。

 

そんなロックに耳を傾けながら、映画を見てみるとまた違った見方が出来るかもしれません。

 

そんな数ある音楽の中で、一番注目すべきなのはやはりラストのロックイベントのシーンだと思います。

 

たった4分ではあるんですが僕はこのシーンで正直いってめちゃくちゃ鳥肌が立ちました・・・

 

ジャックブラックがメインとして、子供たちと一緒にイベントでロックを披露するんですがホントこのシーンめちゃくちゃカッコいいです、まじでヤバイです、ガチで涙出そうになります。

 

ここでも子供たち個人にスポットを当てるシーンが時より出てくるんですが、ホントにその子たち全員がめちゃくちゃカッコいいパフォーマンスを披露してくれて。

 

どの子もめちゃくちゃ魅力的に感じてしまうんですよね。

 

参考動画↓↓↓


School of Rock 10 year reunion

この動画もじゅぶんカッコいいですが、映画本編のシーンのカッコよさはこんなもんじゃないですよ!!

 

こんな素晴らしい音楽が聴ける超名作のスクールオブロックですが一つだけ注意してほしい点があるのです。

 一つだけ注意してほしい事

 

 この映画スクールオブロックは音楽はもちろん、キャストの人達の演技ストーリー内容どれをとっても完璧でめちゃくちゃカッコいい映画なんですが、一つだけ注意してほしい所があるのです。

 

その注意してほしいところとは、、、

 

決して吹き替え版でみないで欲しいのです、英語が分からなくても字幕版でみて欲しいのです。

 

この映画は日本語吹き替え版であっても最後のロックシーンでは英語で歌ってくれるんですが、それが今まで日本語で話してたところから急に英語になるんで急に違和感を覚えてしまうんです。

 

またところどころにみせるジャックブラックの小技もセリフの声の大小も結構カッコいい演出になってるんで、そこもしっかり堪能するためにも是非とも字幕版でみて欲しいです。

 

いや見てくださいお願いです。この映画は字幕で見ましょう!!

 最後に

 

この映画はホントに笑えるし音楽はカッコいいし本当に最高です。

 

僕は落ち込んだ時にこの映画のジャックブラックに何度すくわれたのか分かりません、

あんなカッコいい、ジャックブラックみたいに全てを楽しめる人間になるのが僕の目標です。

 

僕は音楽は出来ませんがそれでも十分にこの映画を楽しむことができました。

 

なので音楽が出来る人もできない人も是非一度騙されたと思ってこの映画をみて欲しいと思います。

 

マジで世界を楽しむことが出来るようになる作品です!!