読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎のタヌキ 生活部

岐阜の田舎に住んでる僕が、自分が気になった事を記事にしていく雑記ブログです。

急に寒くなった時、体調を崩さないようにするために僕がしたい事

 

 

f:id:kamome1922:20161230115004j:plain

年末ですね

 

今年も年末に入り、本当に寒い季節が続きますね。

 

この季節に入ると、どうしても気になってしまうのが気温の変化ですよね。

 

いままで暑かったのに急に寒くなってきたリ、逆に昨日まで寒くて長袖で過ごしていたのにチョット暑くなって汗をかいてしまったり僕たちの体調は急な気温の変化に振り回されっぱなしだと思います。

 

気温が変化するのは自然な事なので、仕方ないですが。それに付き合う僕たちの体は上手にケアをしてあげないと体調をすぐに崩してしまいますね。

 

でも、急に寒くなった時に自分でできるケアの方法って実際に何をする事だと思いますか?

 

それは!!血のめぐりを常に良くしてあげる事なんです。

血液のめぐりを良くすると?

 

血液のめぐりを良くすると、私たちの体は自然に気温の変化に強くなっていくきます。

 

暑い時は汗をかいて、体の中の熱を下げ寒い時は、体を震わせて熱を作り出しますよね?

そんな風に僕たちの体は自動的に体調を崩さないよう、体温調節を行ってくれているのです。

 

しかし普段からあまり体を動かしていなかったり、疲れていると血のめぐりが、

非常に悪くなり体温を調節する機能が弱まってしまうのですよ。

血のめぐりを良くするには?

 

血のめぐりを良くするには、様々な方法がありますが、一番大切な事は体をしっかりと動かす事です。

 

あまり激しい運動をする必要はありませんが最低週に三回は散歩や、ジョギングなどを取り入れる事で私たちの血のめぐりは本当に良くなっていきます。

関連記事 

kamome1922.hatenablog.com

また普段仕事をしている際にも、一時間に一度ストレッチなどして体をほぐしてあげる事で血のめぐりが悪くなる事を防ぐことが出来ますよ。

 

さらには水分補給も血のめぐりを良くするためには非常に大切な事なんです。

 

僕たちの血液の役90%は水でできているので、汗をかいたりして体内の水分量が少なくなると当然の事ながら血がドロドロになってしまいます。

 

血がドロドロになると体の中の血のめぐりはどんどん悪くなってしまうので、寒い冬でも水分補給は大切な事なんですよ。

 

急な温度の変化でおきる体調不良を防ぐためには、血のめぐりを良くする。

これならば少し気を付けていれば非常に簡単におこなえるんで寒くなると体調を崩しやすい僕は必ず実践していかなければならないなと感じました。

 

寒い冬がやってきているので風邪をひいてしまう前に、体の中の血のめぐりを良くしていきたいと思います。